毛皮の帽子は手入れをしっかりと行って、お洒落に冬を過ごそう。

毛皮を使った帽子はとても暖かく、冬の寒い時期にはとても重宝します。そして、季節感も出ますからオシャレ度が上がります。 しかし注意しなければならない事もあります。冬であっても昼間は陽がてりますし、最近ではアスファルトやコンクリートといった舗装されている道が多いですから、照り返しなどもあり、暖かい格好をしていると汗をかく事もあります。帽子は肌に直接密着する物ですから、毛皮に汗がついてしまうこともしばしばあります。ですから、着用した後は必ず風通しの良い場所で陰干しして、臭いが付着するのを防ぐ必要があります。 また、女性の場合はファンデーションが付く場合も考えられますから、洗濯表示を確認し、洗濯できるのであれば優しく洗濯すると良いです。洗濯後のポイントは直射日光にあてずに陰干しする事と毛並みが荒れる事を防ぐ為にブラッシングする事です。その場合、硬いブラシでブラッシングすると逆に毛皮を痛めてしまう事もありますから、動物の毛を使ったような柔らかなブラシでブラッシングすると良いです。 帽子によっては洗濯出来ない物もありますから、そういう場合は毛皮のクリーニングを行なっている専門店にお願いするようにしましょう。