毛皮の毛が抜けるのを防ぐ為にやっておきたい事

使用後のお手入れや保管方法によって、毛皮の毛が抜ける原因を防ぐ事が出来ます。シーズンが終わったらきちんと手入れをする事で、毛皮の持ちが変わってきます。 普段から着用後には、風通しの良い場所に吊るしその際、手で埃を叩き出して下さい。毛皮は埃がつきやすく、埃は毛を抜けやすくしてしまう原因となりますので、寄せ付けない事が重要です。その後、毛並みに合わせてブラッシングをして、毛並みを整えておきましょう。雨や雪で濡れた場合は、乾いたタオルで軽く叩いて水分を取り除いた後に、陰干しをして十分な風を通す事で毛が抜ける状態を防げます。 保管方法として、高温多湿な場所は避け、日光の当たらない場所で畳んでしまう事がお勧めです。日光や紫外線は変色、ハンガーなどで型崩れがしやすいので、風通しの良い所で箱に入れて保管した方が良いでしょう。他にも害虫や埃で毛が抜ける事がありますので、保管方法をきちんと守れば、今の状態をキープする事は可能です。